甘過ぎるスイーツが苦手な人にもおすすめの抹茶ジェラート!気になるカロリーは!?その魅力に迫る

抹茶ジェラートはアイスの一種.
甘すぎない味に仕上げられていたり,抹茶の風味を楽しむこともできます.

国内の人はもちろん,海外では珍しいことから海外の人たちにも人気を博しています.


Photo by 写真AC

抹茶は,甘さが控えめになっていることもあり,カロリーが抑えられているイメージがありますが,実際のところどうなんでしょう.

甘さが口の中に残りにくい特徴もあることから,ふつうのジェラートだと甘さが強すぎるとお感じになる方や,いつまでも口の中に甘さが残ることを不快に感じてしまう方に抹茶ジェラートはおすすめです.

今回は,抹茶ジェラートのカロリーやおすすめの抹茶ジェラートをピックアップしてみようと思います!




大人に人気の抹茶ジェラート 気になるカロリーは?

子どもたちは概して苦い味を苦手としていることが多く,それ故,苦味成分を含む抹茶ジェラートも子どもたちにとってはあまり受けが良くありません.

けれども,大人に近づくと,味覚の嗜好が変わって苦味を次第にうまさに感じるようになったり,甘過ぎるジェラートを受け付けなくなってしまうことが多くなります.そのため,抹茶ジェラートのように,単に甘さだけではないジェラートの人気が高まる傾向にあるようです.

抹茶ジェラート好きな人や,ダイエットをしている人であれば,カロリーを気になる人も多いのではないでしょうか.

抹茶ジェラートのカロリーは,バニラやチョコのジェラートと比べると,100gあたりに換算して30カロリー程度低くなっている場合が多いようです.けれども,せっかくベースが低カロリーの抹茶ジェラートでも,たっぷりトッピングがされると,その分どうしても摂取カロリーも増加してしまいやすいです.
特に,生クリームなどがトッピングされているのであれば,カロリーの摂りすぎに注意が必要ですね.

ダイエットなどでカロリーを気にされているのであれば,トッピングの少ない抹茶ジェラートを選ぶことも一法になりえますね.アイス類の中でも,よりカロリーオフを目指すのであれば,ジェラートタイプよりもシャーベットタイプの方がカロリーが低くなります.

スイーツのシャーベットであれば,ジェラートタイプのものよりも,約半分程度カロリーが低くなりますので,おすすめだと思います.

ななやの抹茶ジェラートは味が濃い!

ななやは抹茶の本場・静岡藤枝のメーカーで,様々な抹茶製品を展開しています.
飲む抹茶はもちろんのこと,抹茶を用いた菓子類も豊富に用意されていて,その中でも特に抹茶ジェラートの人気が高いということです.

ななやの抹茶ジェラートは世界で一番抹茶が濃いということを売りにしており,抹茶好きの方であれば,ぜひ一度は食べてみたいと思われる方も多いのではないでしょうか.

抹茶の濃さはいくつかの段階別で販売されていますので,抹茶の濃さの違いを楽しみながら食べることもできますね(食べ過ぎに注意!).

公式サイトにアクセスすれば,ななやの抹茶ジェラートをお取り寄せすることも可能ですので,静岡県外の方でも容易に手に入れることができます.

また,藤枝市のふるさと納税としても,ななやの抹茶ジェラートを購入することもできます.ふるさと納税の減税メリットと美味しい抹茶ジェラートを食べる楽しさの両方を一度に満たすことができ,まさに一石二鳥ですね.

ななやは,抹茶製品を取り扱っているメーカーとして名が知られており,検索エンジンで抹茶ジェラートと入力して検索をかけるだけでも,検索上位にななやが表示されるようになっています.抹茶好きであれば,ななやの抹茶ジェラートを一度は試して損をすることはないでしょう.

もち吉が販売している様々な種類の商品の中でもとくに抹茶ジェラートは人気!

もち吉は福岡・直方に本社を構え,主に贈答用の米菓を製造直販しています.全国にある自社店舗を通じ,もちもちした食感の小洒落たかんじのおかきや煎餅などを販売しています.

地元福岡を中心として,全国各地でおなじみの米菓メインの会社ですが,地元福岡でさえもそれほど知られていないのが,もち吉の抹茶ジェラートです.たしかに,もち吉というと,八女茶をベースにした煎茶「さくやこのはな茶」を展開していますので,畑違いというほどでもないのかもしれませんが,「米菓メーカーで抹茶ジェラート?」と意外に思う方もおられるかもしれませんね.

もち吉から販売されている抹茶ジェラートの特徴は,その食感にあります.一般的なジェラートは柔らかく,口にいればサッと溶けてしまうことが多いですが,もち吉の抹茶ジェラートにかんしては,もち吉のブランドイメージでもあるもっちりした食感に仕上げられています.もち吉ならではの個性的な食感が,抹茶ジェラートが人気を博した理由のようですね.

おかきにも使われている粘性の高いもち米粉を混ぜ合わせて,抹茶ジェラートのもちもちした食感を再現しているだろうことは察しがつきます.こう考えてみると,もち吉が,もちもち感のある抹茶ジェラートを手がけているのは,特段意外なこともでないのかもしれませんね.

もちもち感を持たせることによって,口の中に入れてもすぐに溶けてしまうことがなく,慌てなくても口の中でゆったり味わいながら食べることができます.
口の中に抹茶ジェラートが残ることで,口の中を抹茶風味いっぱいにすることもできますので,抹茶好きな方にとっても満足のいく逸品です.

さまざまな抹茶ジェラートを食べ比べした人でも新しい発見をすることもできますよ.1本194円とお値打ちな価格設定なのも嬉しいですね.

コンビニで販売されている抹茶ジェラートもおすすめ

コンビニにも,季節にもよりますが,人気の抹茶ジェラートが比較的容易に購入できるようになりました.

中にはコンビニ限定の商品もあることから,抹茶ジェラート好きの方にとっては見逃せませんね.
コンビニのスイーツ類は,全国展開を目指した普遍的なものを上市しようとするインセンティブも働いていることから,完成度が高いものが多く,コンビニで販売されているからといって侮ることはできません.

コンビニで販売されているスイーツ類は,定期的に新商品が開発されていることもあって,各コンビニオリジナルの新しい抹茶ジェラートを発見することもできますね.コンビニは,新商品を投入し続けることによって,お客さんの購買意識を高めること自体を価値だと認識して活動していることが見て取れます(K.T).