【新型コロナ】涙液の中に含まれるラクトフェリン!コロナウイルス感染をドライアイの目から守る!

新型コロナウイルス感染対策として,マスクに対する注目度が高いのは重々認識していますが,人体の中で唯一,臓器が外界にさらされ,感染リスクが高い目からの感染予防にはあまり注目されていないように感じています.

いっぽう,これまで何度か記事でふれてきたラクトフェリンは,実は涙の中にもたくさん含まれていて,目を守っていることが知られています.今年5月には,新型コロナウイルスが目の細胞に結合することを防ぐ働きを持っていることが眼科分野の臨床研究の雑誌で報告されました.

そこで今回は,涙の中に含まれているラクトフェリンに着目し,その可能性について書いてみようと思います!

新型コロナ・ラクトフェリン|新型コロナは目から感染する可能性がある

日本眼科医会が,「新型コロナウイルス感染症の目に関する情報について(国民の皆様へ)」と題して,一般市民向けに情報提供を行っています.

その中で,

新型コロナウイルスに感染した方の咳やくしゃみ,しゃべっているときの唾液(つば)に含まれるウイルスが,眼の粘膜から感染する可能性

について言及するとともに,

ウイルスが付いたテーブルや椅子,パソコンのキーボードなどをさわって,そのまま手で目をこすったりさわったりした場合でも,ウイルスに感染する可能性

を指摘しています.そのため,

手洗いやアルコール消毒をしていない手指で目をさわらない・こすらない

ことを強く勧めています.
出典:新型コロナウイルス 感染症情報|日本眼科医会

マスクは,自身が感染者(無症状感染者を含む)であった場合に,周囲の人々に対して飛沫感染を低減する効果はあると考えられていますが,感染者からの飛沫感染リスクを低減するという科学的エビデンスは確認されていないようです.

むしろ,手洗いやアルコール消毒の励行,ウイルスで汚染されている可能性のある手指で顔や目に触れないようにすることのほうがよほど重要かと思います.

新型コロナ・ラクトフェリン|新型コロナウイルスは涙に多く含まれているラクトフェリンの存在によって付着を防いでいる

ドライアイ研究会(世話人代表:横井則彦 京都府立医科大学眼科学教室)は,ドライアイの研究促進ならびに治療の質の向上と普及を目的として1990年に発足した眼科医の研究団体です.

ドライアイ研究会は,7月3日の「なみだの日」に合わせ,「コロナウイルス感染から目を守る「涙」のラクトフェリンの働きに注目!!」と題して,ラクトフェリンと目の健康に関する情報発信を行いました.

涙はただの水分ではありません。「透明な血液」ともいえるほど、血液と同様の成分がたくさん含まれています。酸素をはじめとして、目の表面の細胞の新陳代謝を助ける成分や、活性酸素の害から守る酵素、そして、細菌感染から守るためのタンパク質類が含まれています。その中で、ウイルスや菌と戦う「ラクトフェリン」の働きが注目されています。ラクトフェリンは母乳や牛乳に含まれる成分として知られていますが、実は、口や鼻の粘膜を保護する分泌液にも含まれている糖タンパク質で、抗菌・抗ウイルス作用や抗炎症作用を持つことで知られています。涙の中にもたくさん含まれており、もともとラクトフェリンがヘルペスウイルスの感染から守る働きが報告されていましたが、近年コロナウイルスが目の細胞に結合するのを防ぐ働きが報告され注目されています。

出典:ドライアイ研究会

In summary, the ocular surface does possess the ubiquitous viral receptor heparan sulfate, which can facilitate initial viral attachment. However, this is not sufficient for coronavirus infection. Furthermore, lactoferrin that is present in high concentrations in tears (2 mg/ml)47 prevents viral attachment to heparan sulfate.The ocular surface appears to possess the SARS‐CoV‐2, SAR‐CoV and NL63 receptor ACE2, but may not possess the TMPRSS2 or Furin proteins, which is required for the spike protein of SARS‐CoV‐2 to bind to ACE2.

Furthermore, apart from 9‐O‐acetylated sialic acid, the other co‐receptors for coronaviruses (CD209, CD26, CD13, CD66e), have been found either in fibroblasts and dendritic cells that lie in tissue under the surface corneal and conjunctival epithelial cells, or have not been reported in ocular tissues. It is possible that the 9‐O‐acetylated sialic acid associated with proteins in tears can act as a decoy receptor, binding to the viruses and preventing them binding to cell‐associated 9‐O‐acetylated sialic acid. Therefore, the evidence to date suggests that coronaviruses are unlikely to bind to ocular surface cells to initiate infection.

出典:Willcox MD, et al. The ocular surface, coronaviruses and COVID‐19. Clinical and Experimental Optometry, 13 May 2020

涙の中に多く含まれているラクトフェリンによって,新型コロナウイルスの結合が阻害され,感染を防いでいるということです.そういえば,目に良いことを謳ったサプリメントの中に,ラクトフェリンが含まれているものが市販されていますね.

新型コロナ・ラクトフェリン|ラクトフェリンを含む目のサプリメントの使用による予防効果の可能性

ラクトフェリンが多く含まれている食品を積極的に取り入れることで,免疫力を高めて新型コロナウイルスの感染に備えることの重要性について,過去に記事にしました.

【新型コロナ】ラクトフェリンの効果に注目!免疫力を高めて新型コロナウイルスの感染に備える(中国国家衛生健康委員会「新型冠状病毒感染的肺炎防治栄養膳食指導」を追記)

涙の中に多く含まれているラクトフェリンが新型コロナウイルスの結合を阻害し,感染を防いでいるという観点から,とくにドライアイになりやすいパソコンでの仕事の機会が多い人たちにとって,ラクトフェリンを含む目のサプリメントは手洗いやアルコールによる手指消毒とともに,注目されても良いのではと思います.

オプティエイドDE|わかもと製薬

眼科領域の研究から生まれた「涙に着目したサプリメント」です.同社オリジナル乳酸菌のWB2000に加え,ラクトフェリンを含んでいます.

めにサプリビルベリー|メニコン

コンタクトレンズで知られるメニコン初の機能性表示食品です.2019年8月に発売開始しました.

ビルベリー由来のアントシアニンのほか,乳由来のラクトフェリンが含まれています.ラクトフェリンはマイクロカプセル化によって,腸溶性(腸の中で溶ける)を実現しています.

ラフェリアイ|メニコン

メニコンが2015年7月に発売開始した「眼と体」のバランスサプリです.

ティアグロス|ロート製薬

2018年8月にロート製薬が発売したアイケアサプリ.パソコン,スマホを使うビジネスパーソン向けの美容補助食品を標榜しています.
なみだ型乳酸菌に加え,ラクトフェリンを含んでいます.


出典:ロート製薬


今回の記事執筆を通じて,涙の中には多くのラクトフェリンが含まれていて目からの新型コロナウイルスの感染を防いでいること,ドライアイが新型コロナウイルス感染のリスクになっていること,眼科領域の医薬品メーカー,コンタクトレンズメーカーなどが目に特化したサプリメントを市販しており乳酸菌に加えてラクトフェリンを添加し,腸溶性(腸の中で溶ける)にこだわった商品も出てきていることを知りました.厚生労働省やWHOなどにとどまらず,感染防御という観点から広く情報収集し整理していくことの重要性を感じました.ブログによる情報提供を通じて,広く読者の皆様の健康の一助となりますことを願っております.(K.T).